自動車保険の引継

 

自動車保険の引継とは、等級を引き継ぐことをいいます。自動車保険というのは1年で更新することが一般的ですが、更新をするタイミングで他の自動車保険に加入し直すという場合には、前に入っていた自動車保険の等級の引き継ぎをします。
今までに入っていた自動車保険で適応になっていた等級を、次に加入する自動車保険でも使うというのが自動車保険等級の引継というものになりますが、一般的には特に続きなしで行えるのが普通です。
等級も引き継がれますし、割引率ももちろん引き継がれますが、本人に限ってのことです。たとえばAさんの自動車保険の等級をAさんの友達に引き継ぐということはできません。例外があり、配偶者や同居している家族の場合には記名保険者の変更ということであれば引き継ぐことが可能になります。
自動車保険の等級を引継ぐという場合には、前に加入していた保険が終わってから1週間以内に新しく加入する保険会社と契約しなければいけないことになっています。しかしその間に、事故などの理由で引き継ぎができなかったという場合には延長可能です。
保険会社によって期限や条件などは違っているかもしれませんから、一度自分が加入している自動車保険に確認してみるのがいいと思います。各保険会社の公式サイトでは等級引継に関して・・・ということで詳しい説明や情報が掲載されていると思いますので、そちらで確認しておきましょう。せっかくの等級ですから、引継ぎたいですね

自動車保険の等級

 

自動車保険の等級とは、階級を決めて、事故を起こしていない人にメリットを与えるという仕組みです。自動車保険は事故を起こした場合の補償のために加入しますが、ある人は事故ばかり起こしているので何度も保険金を受け取っている、でも保険料は同じなのに事故を起こしていないので保険金を一度ももらったことがないという人がいれば、事故を起こさないのでいいはずなのに不公平です。自動車保険はこの不公平さをなくす意味を込めて、等級が上がれば自動車保険料を安くするという仕組みになっています。
自動車保険の等級は一番最初に加入した場合には6等級から始まります。そして1年無事に事故を起こさなければ1等級上がります。この時点で事故を起こしてしまった場合には3等級下がります。これは割引率がかかわってくるのですが等級の割引率は1等級上がれば20%割引になります。たとえばこれが順調に等級が上がっていけば16等級くらいになると思うのですが、そうなると割引率が50%になることもあります。事故を起こしてしまうと3等級ずつ下がりますが、高くなると30%割増になりますので注意しましょう。たとえば20等級まで行って保険料が60%オフだった人が事故を起こしてしまった場合に3等級下がると17等級になるということになります。
等級を下げなければ保険料は安くなりますから、事故を起こさなければいいということになります。しかし事故を起こしても保険を使わなければ等級は維持できます。

自動車保険ランキング

 

自動車保険を選ぶ際にランキングを参考にするという人も多いと思います。今ネット上ではランキング形式で様々なものが比較されていますが、自動車保険もその一つですね。自動車保険ランキングをみてみると、やはり上位に入っている自動車保険というのはそれだけ選ばれているということがわかります。選ばれているということがわかるので、ランキングの1位や2位に入っているものを選べば安心だと思っている人も中にはいると思います。しかし、ランキングの1位や2位に入っているものが自分の車の保険にぴったりと合うかどうかはその辺はわかりませんから、ランキングはあくまでもランキングという位置づけにしておくというのが一番賢く自動車保険を選ぶ方法になると思います。
自動車保険ランキングでちなみに上位にランクインしているのはどんな自動車保険がランクインしているのでしょうか。まず1位に選ばれているのがソニー損保の自動車保険です。実は通販型の自動車保険では6年連続でナンバーワンになっているという実績があります。なぜランキングの上位に選ばれているのかというと、走行距離に合わせて保険料が設定されるということから選ばれているのだそうです。しかも充実のロードサービスもランキング上位に選ばれている理由です。
次に自動車保険ランキングの上位にランクインしているのがSBI損保の自動車保険です。これは2008年にまだスタートされたばかりの自動車保険なので知らない人も多いかもしれませんね。

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク